STORY

日本最大の暴力団・菱口組最高幹部の側近だった矢能政男(遠藤憲一)は、ヤクザ稼業から足を洗い、訳アリで預かることになった小学二年生の少女・栞(白鳥玉季)と二人で探偵事務所を営んでいる。

ある日、そんな矢能の元に「取引」の現場に立ち会って欲しい、という依頼が入る。だが、指定された場所に足を運ぶと、依頼人は拳銃で撃たれた死体となっていた。虚をつかれた矢能は、マスクを被った男(岩井拳士朗)に銃口を向けられていた。その男は、矢能にその拳銃を握らせ、「証拠である凶器の拳銃に、あんたの指紋だけがついてる。これって致命的なことじゃないかな」そう言い残すと、矢能と死体を置き去りにして去って行った。

依頼人の死体を調べると、パスポートが出てきた。名前は安田義行。だが、矢能が安田の姉に電話をかけると、目の前で死んでいる安田は3年前にカンボジアで死んだという。

長年、悪党ばかりを見てきた矢能には、おおよその絵図は透けて見える。安田のビジネスは強請りで、「取引」の相手に口封じのために殺されたはず―。矢能は馴染みの情報屋(竹中直人)に、三年前に死んだことになっている安田の情報集めを頼むが、情報屋は、矢能がヤバい案件に首を突っ込むと、栞に危険が及ぶと心配する。だが、矢能も、若僧にナメられたままというのが気に食わない。

調べから浮上したのは、与党議員の鶴丸清彦(要 潤)、そして堂島哲士(成瀬正孝)だった。堂島は、二世議員の鶴丸の父親の代から裏のトラブルを一手に引き受けていた人物で、空手道場を営む武道家。早速、堂島の道場に足を運んだ矢能は、そこで自分に銃を突きつけた男 ― 池上数馬 ― を見つける。

自分は完璧に仕事をこなしたと信じていた数馬は、思いがけない矢能の登場に動揺し、逆上するが、矢能はすでに数馬を相手にしていなかった。安田殺しの構図はすでに見えている。安田は鶴丸を強請り、鶴丸に泣きつかれた堂島が数馬に手を汚させた―。

しかし、師匠の前で軽くあしらわれ、恥をかかされた数馬は矢能をつけ狙い始める。そして数馬は矢能にとっての一線を越えた。栞を拐(さら)ったのだ。矢能は栞を救うため、数馬の元に車を飛ばす―。